スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.06.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

シートステー加工

2年以上ぶりの投稿!
昨年から少しずつレース熱があがっており、NSRminiも乗るようになってきました。

で、今回は。

シートカウル交換とシートステーの加工です。
いろいろ調べましたが、このような方法はあまり見ません。ノーマルの取り付け部で、高さだけ半分(約2cm)になります。


まずはシートカウル。





メーカーは松島(MRF)のタイプ5です。
ど定番ですね。


次はシートステー加工。



加工前




まずは切っちゃいます


穴開けて合わせて



ボルトで固定します


隙間はワッシャーを入れときました




高さだけの変更なのでカウルの加工はありません


効果はありますでしょうか?
ライディング時の手首負担軽減とリアタイヤのおしりへの感触が変わるはず?です。


関係ないけど息子ももう5歳になりました。自転車も10インチ→18インチにステップアップしました。


ちょっとやり過ぎかと思い


バーハンドルがカッコいいので


即決となりました


すまーとふぉんの投稿楽やわ。


整備(各部ワイヤリング)

JUGEMテーマ:車/バイク

記録用です。

今回は各部ワイヤリングです。
先日サーキットでオイルを撒き散らした現場を見てしまったので、
とんでもない迷惑をかけないよう整備します。。



オイルフィラーキャップ部
(オイルの注入口です)



オイルドレンボルト部
(オイルの排出口です)



オイルチェックボルト部
(オイル量をチェックするボルトです)


カウルステーのボルトにワイヤーを割り込ませ
締めてみましたが…。
正しいのか微妙です。。。


次回走行の際、他の人の技を盗みます



続きましてハンドルのグリップ



装着前



装着後
(きっちり整備してる感が出ます



お手手に刺さらないよう余分をグリップに差込ます





ひとまず完了です。






涼しくなってから行こかな。近スポ。



整備(ミッションオイル交換・ドレンボルト交換)

JUGEMテーマ:車/バイク

記録用です。

今回はオイル交換とその他もろもろ。。




初モチュール トランスオイル
2ストロークモーターサイクル用ギアオイルと書いてあったので。。。
キャップを開けると中からニョキニョキと注入口が。おフランス製シャレております



ワイヤーロックができるものに…と購入するも
もともと穴あきタイプ。しかしマグネット付で鉄粉除去に励んでもらいます。



プラグはBR9ES(標準はBR8ES?)
新品同様のため交換せず。


3年放置のわりにオイルもプラグもいい状態。。。
バイク屋さんが換えてくれてた(現状って言ってたけど…)




次は各部ワイヤリング



整備(ハンドルストッパー・ハイスロ・キャッチタンク)

JUGEMテーマ:車/バイク

記録用です。
サーキット走行に向け、最低限の整備を。
車体作りより、自分の体作りのほうが必要なのですが


まずはハンドルストッパー
ハンドルの切れ角を減らし、転倒時の車体ダメージを減らします。


’95〜に憧れてました
前期型NSRにお乗りの方ならわかってくれるかも




これを装着することで

装着前
装着後
わっかりますか〜
実際ハンドル切ると全然違います〜
車体をバンクさせて曲がるしかできません(レーサーですね)


次はハイスロットル
ノーマルのアクセルより少ない開閉角で全開となるので、
すばやいスロットルワークを可能にするものです。


品番29238


ノーマルではアクセルワイヤーの取り回しが下。
転倒のダメージでアクセル全開固定になったりします


交換後
グリップは純正続投(左側交換がめんどくさかったので


ワイヤーが長いので、CDI配線を右側、アクセルワイヤーを左へ。
ちよっとこだわってみました


最後にガソリンキャッチタンク
バイク用品で買うと、1700円程度。
得意の貧乏チューンでDIYします。


ホームセンターで98円。
角瓶が欲しかったのですが見当たらず。


キャップ部分にホースが入る穴をドリルで開けます


空気圧を逃がす穴を開け


タイラップで固定


ハイ完成
これで十分なのではないでしょうか


整備中に気になる点が…。



キャブレター底にオイルにじみ
量が多く、クランクケース上部に溜まってました。
拭き取って後日様子見です



走るより楽しいかも。。。


ようこそNSR-mini

JUGEMテーマ:車/バイク


初めての純レーサー。

今回購入のバイクは、市販のNSR50ではなく、
最初からサーキットを走る目的で販売された限定モデル。

HRC(ホンダのレース部門)が発売し、
“RS125”や“RS250”といったレースモデルと同じ“RS50”という型式。
それだけで変に興奮します
(おかしくてすみません)





では・・・







かっくいい
(どノーマルですが)


2005あるいは2006あたりのモデルで
ワンオーナーで2年ほど使用し、あと3年ほどは未使用だったそうです。
なので埃を払えばキレイな状態でした



白と黒っていうのがレーサーっぽい





ここから自己満足はさらに続きます…





お別れしたNSR80との違い(上:80 下:mini)

.肇奪廛屮螢奪玄辺


薄っぺらなトップブリッジが肉厚のものになり、
フロントサスがイニシャル調整できるようになってます
(活用できるか?)




▲侫譟璽燹淵好謄▲螢鵐哀好謄猊堯


ちょっと解かりにくいですが
この部分の違いとトップブリッジの厚みで剛性感が違うのかな
(押し歩きだけでも違う感じがします)




ラジエーター


でかっ
フレームからかなりはみ出してます
(やはり冷却効果はかなり高いみたい)




ぅ好ぅ鵐哀◆璽牴墜杏


これまた解かりにくい
80で交換しようと挑戦したスイングアーム
(ベアリングが入っていい動きをするみたい)
赤のmini純正リアサスもどんな感じか楽しみです




あぁ走行が楽しみ
しかし私にはキレイすぎて気を使いますが…


これを機に。。。

・ガレージ改造
・コンプレッサー導入
・皮ツナギ新調




妄想ばかりの今日この頃。。。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座